• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
【コラボ】アイシングクッキー原口摩衣子先生 with MMCみにいカメラマン
◆ご購読者様オンラインサポートサポート教室★準備中!
ママのためのカメラ教室は『すぐに役立つ講座』でなくてはならない。
ご購読者さまフォローアップ『おさらい会』企画中☆
モード別のあるある! 心当たりがある方は「マニュアルモードの取扱説明書」で解決★
各地のインストラクター
なぜマニュアルモードなの?
第一回 写真表現スキル検定 合格発表
「カラーミーショップ大賞2017」一次審査通過!
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

テキスト販売部

メモ

わかりやすさナンバーワン!を目指して!


店長日記はこちら

【コラボ】アイシングクッキー原口摩衣子先生 with MMCみにいカメラマン
◆ご購読者様オンラインサポートサポート教室★準備中!
ママのためのカメラ教室は『すぐに役立つ講座』でなくてはならない。
ご購読者さまフォローアップ『おさらい会』企画中☆
モード別のあるある! 心当たりがある方は「マニュアルモードの取扱説明書」で解決★
各地のインストラクター
なぜマニュアルモードなの?
第一回 写真表現スキル検定 合格発表
「カラーミーショップ大賞2017」一次審査通過!
メルマガ登録・解除はこちら




GMOポイント使えます

【8-1】仕上がり設定その1 夕焼けシルエットで学ぶ仕上がり設定。(印刷可能)

◆ショップ会員にご登録後、ログインいただきますと「ショップ会員価格」が表示されます。
◆ガイドブックはPDFデータのお渡しとなります。印刷版のお届けは現在行っておりません。
◆販売中のガイドブックはすべて『印刷可能』
ご購入済の皆様は再ダウンロードのためのダウンロード期限を8日から2017/2/末に変更しました。
印刷版の無償ダウンロードが可能です。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

(00)ご購入の前に【受信設定】または【会員登録】をお願いします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
お届けいただいたメールアドレスで正しく受信いただけるか確認のメールが届きます。
以下のドメイン名からのメールを受信可に設定してください。

ドメイン名
「shop-pro.jp」
「mamas.camera」

新規会員登録はこちら ◆会員登録が完了されましたらご購入いただけます。

※ご購入後にダウンロードアドレス記載のメールが届かない場合、ドメイン名「mamas.camera」およひ「members.shop-pro.jp」からのメール受信設定のうえ、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
ご連絡の際の必要事項
ご注文の日付
ご注文者様のお名前
メールアドレス
ご注文の商品名

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



販売価格

250円(税抜)

購入数

クイック購入






印刷可能

夕焼けシルエットで学ぶ仕上がり設定。

ただメニューや設定の解説だけではわかりにくいもの。
MMCの使いこなし編Plusにある仕上がり設定をさらにわかりやすく作例を交えて解説!
MMC公式仕上がり設定ガイドブックになります!

ホワイトバランス
仕上がり設定

これだけでも、かなりのボリューム。

実際に夕焼けシルエットで、

真っ赤に燃えている夕焼けの撮り方
シルエットの撮り方

を解説。

どうも、うまく、赤くならない・・・という方
シルエットがうまくシルエットにならない・・という方

設定を誤っている可能性は高いのです。

そして・・・

シルエットに向く状況、
シルエットに向かない状況も解説。

これをご覧になって撮れないわけがない・・・と考えています。




中身から抜粋

現在のデジタルカメラには、フィルム時代にはなかった機能がたくさんついています。
機能がたくさんあって、何がどういうものなのか覚えるだけでもたいへん。
ここでは実際に場面を考えながらお伝えしていきます。

覚えるとパソコンでの補正にも使える知識となります。
そもそも、フィルム時代にはカメラについていなかった機能ですが、なかったわけではありません。
ネガフィルムだと「プリント出力」の際に行われていた処理が、カメラに備わったということです。
カメラに仕上げ項目で使用する項目が備わったことで、色を濃くしたり、薄くしたり、モノクロにしたりと、見た目にかかわる強調したり、控えめにしたりできるようになりました。

仕上がり設定は、カメラで行う? パソコンで行う? どちらがよい?
そもそもカメラは場面や光景を撮影するものです。細かい微調整などは行えません。
パソコンを持っているなら、パソコンで仕上げるほうが、細部まで仕上げ調整を行うことができます。
仕上げに必要な項目はカメラに備わっているメニューとほぼ同じ。
パソコンをお持ちでなければカメラで処理し、パソコンをお持ちならパソコンで・・というのがお勧めです。
ただし、パソコンで処理するのも何もされていないニュートラルな撮影データから行うと膨大な作業となりますので、
「前処理」「したごしらえ」という感覚で、あらかじめ、好みに近い設定、表現したい設定を行って撮影していくと、後の作業が簡単になります。




この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける